店内でハンバーグ料理を試食する倉光市長(右)と平川さん
店に併設されたドッグラン

 青森県つがる市柏地区に、築約90年の古民家を改装したカフェ「ひら埜(や)」が15日に開店する。地産地消を目的に同市産のつがる豚や野菜を使ったハンバーグ料理などを提供する一方、敷地にはドッグランも併設。珍しい形態のカフェとして同市を県内外に発信したい考え。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から