生姜味噌おでん

 青森の「生姜味噌おでん」は、戦後間もなくのころ、青森駅周辺の屋台(闇市)で提供されていたおでんに、冬の厳しい寒さの中で青函連絡船に乗り込もうとする船客の体を少しでも温めようとみそにショウガをすりおろして入れたのが喜ばれて広まったと言われています。おでんの具は店によって異なりますが、定番はチシマザサ(ネマガリダケ)のタケノコやコンニャク、大角天、ダイコンなど。津軽みそ(赤みそ)を使って作る所が多いようです。各地のみそで作るといろいろなバリエーションが楽しめますね!
(It is said that the history of famous “Shoga Miso Oden (Oden with ginger-miso sauce)” started at food vendors near the Aomori station after the WWII finished. Back then, this was the waiting area for passengers waiting for Seikan Renrakusen (ferry between Aomori and Hokkaido) and ginger-miso sauce was used for oden to keep passengers warm while they were waiting for a ferry in severe cold. Ingredients used for the oden varied from a vendor to vendor but often included local bamboo, konnyaku (yam cake), atsu-age (thick fried tofu) and daikon radish. Furthermore, many vendors used a kind of miso called Tsugaru-miso (red paste). If you want to try a variation of flavors, try cooking miso from different areas!)

生姜味噌おでん(Oden with Ginger-Miso Sauce)

材料(Ingredients)

・ダイコン…2分の1本
・コンニャク…1枚
・さつま揚げ…4枚
・チクワ…4本
・ゆで卵…4個

 

(おでんつゆ)
・昆布(10センチ)2枚
・水…1000cc
・しょうゆ…大さじ3
・酒…大さじ3
・みりん…大さじ3

(生姜味噌)
・みそ…100グラム
・ショウガ…30グラム
・酒、だし汁、みりん…各40cc

・1/2 daikon radish
・1 slice of konnyaku
・4 slices of satsuma-age
・4 chikuwa
・4 boiled eggs

Soup
・2 sheets of kombu (10cm)
・1000cc water
・3 tbsp soy sauce
・3 tbsp cooking sake
・3 tbsp mirin

Ginger-Miso Sauce
・100g miso
・30g ginger
・60cc each cooking sake, dashi-stock, mirin

作り方(Directions)

 

1.ゆでる(Blanch)
 ダイコンは3センチの厚さにカットして下ゆでします。
 コンニャクは厚さ2センチにカットして下ゆでします。
(Cut daikon into 3 cm thick slices and blanch them to precook. Cut konnyaku into 2 cm slices and blanch them as well.)

2.切る(Cut)
 さつまあげ、チクワを食べやすい大きさに切ります。卵はゆでて、ゆで卵をつくっておきます。
(Cut satsuma-age and chikuwa into edible size pieces. Make boiled eggs.)

3.煮る(Simmer)
 鍋におでんつゆの材料を入れて、下ゆでしたダイコン、コンニャク、さつま揚げ、チクワ、ゆで卵を煮ます。
(Pour the ingredients for the soup in a pot and add daikon slices, konnyaku slices, satsuma-age, chikuwa pieces and boiled eggs.)

 

4.煮詰める(Cook down)
 ショウガはすりおろしておきます。鍋に生姜味噌の材料を入れて混ぜながら沸騰させて少し煮詰めます。
(Grate ginger. Put the ingredients for ginger-miso in a pot and bring it to a boil while mixing it.)

5.完成(Finish)
 おでんのダイコンがやわらかくなったら、お好みで生姜味噌をのせて完成です。
(Make sure that the daikon slices are soft. Add ginger-miso if you like and finish.)

 

今月のワンポイント

 

具材、味付け 種類豊富/なぎさなおこさん
 寒くなってくると鍋などあたたかいものが恋しくなりますが、八甲田を越える所の茶屋では年中、ネマガリダケが入った生姜味噌おでんが楽しめます。おでんはそれぞれの土地によって具材や味付けが違います。同じ青森県内でも、地域によってさつま揚げやチクワの素材やサイズにも違いがあります。各地に出かけたらスーパーの練り物コーナーを覗いてみてくださいね!
(Once it starts getting cold, we want something warm like hot pot. In Japan, each area has its own ingredients and dashi stock used to make oden, so if you go travel a new place, why not try local oden? At wayside restaurants over Hakkoda Mountains in Aomori, you can try ginger-miso oden with local bamboo throughout a year. Why not cook different styles of oden and enjoy “different air” of each place right at your dining table this winter? )

 

決めつけず勧めてみて/山内さん
 「みそ、ショウガ、おでん」と聞くと、何となくこれらの食材は、「日本人だけの口に合うものなのでは?」という考えが起こりがちですが、実は我が家では私よりも、アメリカ人の夫が「生姜味噌おでん」の大ファンです。「この国の人には、これは無理だろう」と決めつけてしまう前に、是非いろいろな青森の美味しい食材を“Do you want to try?(試してみる?)”とまずは勧めてみましょう。