ジュノハートを活用した観光商品づくりに向け現地調査する参加者

 青森県産サクランボのオリジナル品種「ジュノハート」を観光などに生かすため、県は5日、県内外の旅行代理店の旅行商品造成担当者らを集め、南部町の観光サクランボ園などで現地調査を行った。参加者はジュノハートに観光需要喚起の可能性を感じつつ、環境整備の必要性を提言。県は意見を踏まえ、園地関係者と情報共有しながら新しいビジネスモデル創出を図る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から