電動工具でテーブルの落書きを削り取る三本木中の生徒

 青森県十和田市の三本木中学校(佐々木俊弘校長)の生徒が17日、学校近くで清掃ボランティアを行った。日本の道百選に選ばれている官庁街通りの落ち葉拾いに加え、今回初めて桜の広場休憩所の修繕活動を実施。テーブルなどに描かれた落書きを取り除き、汗だくになって美化活動に励んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。