小山内代表理事(左)の話に聞き入る生徒たち

 野辺地高校(坪宏至校長)は本年度、総合的な探究の時間を活用して防災教育に取り組んでいる。全校生徒が学年によって3~4回、講演を聞いたり、避難所づくりをしたりして、災害発生時の適切な行動などを学んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から