総菜を買い求める客でにぎわい、目尻を下げる百石高校の生徒たち

 百石高校食物調理科・調理クラブが運営する高校生レストラン「キッチンいちょうの森」が2日、青森県おいらせ町のおいらっせ交流館で7年目の営業をスタートさせた。新型コロナウイルスの影響を踏まえ、給仕は今回も見送り。生徒は町民と顔を合わせる対面方式で、愛情込めて作った総菜を提供した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から