3年ぶりに開催される弘前ねぷたまつりに向けて進められた「柱建て」=3日、弘前市茂森新町

 3年ぶりの開催となる弘前ねぷたまつりまで1カ月を切り、青森県弘前市内のねぷた小屋では大型扇ねぷたの制作が本格化している。同市の「茂森新町ねぷた同好会」の小屋では3日、ねぷたの骨組みを構築する「柱建て」が行われ、同好会のメンバー約20人が汗だくになりながら作業した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。