里さん(左)とフォームを確認しながら投球練習する選手たち

 野球に打ち込む県内外の女子選手の交流会が2日、青森県弘前市の弘前学院聖愛高校グラウンドで開かれた。小学生から高校生までの29人が参加。女子野球ワールドカップで過去3年連続MVPを受賞した埼玉西武ライオンズ・レディース投手の里綾実さん(32)を講師に、トップレベルの技術や心構えを学んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から