県難病連の事務局長としても活動する西崎さん。「患者の声を国に届けたい」=6月、青森市浪岡の県難病連事務所

 20年前からパーキンソン病を患う西崎昭吉さん(70)=青森県平川市=が6月、「全国パーキンソン病友の会」の会長に就任した。全国約6500人の会員と共に、体の痛み、コロナ禍での孤立感など、病気のつらさを社会に訴え、治療・療養環境を改善していきたいという。目指すのは、難病治療に関する全ての機能を集約させた「難病センター」の実現。「要望活動など、やることはたくさんある。体力が続く限り活動に力を注ぐ」と熱意を見せる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。