日本原燃は3日、六ケ所再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、2日午後3時31分から約8時間にわたり、廃液の供給液槽の安全冷却機能を喪失したと発表した。原因は調査中。外部への放射能漏れなど環境影響はないという。