「記念の1勝を」と意気込む6校連合の選手とマネジャー

 8日に開幕する全国高校野球青森大会に、県内で初めて所属地区を超えた6校の連合チーム「六ケ所・六戸・野辺地・浪岡・板柳・松風塾」が出場する。今春結成され、合同練習は週末のみというハンディを抱えながらも、計18人の選手たちは「チームワークではどこにも負けない」と気合十分。「1勝には、6勝分の価値がある」を合言葉に、公式戦初勝利を目指し、一期一会の“夏”に臨む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。