地域ねぶたの運行後、山車を燃やす催し「ねぶた炎浄」を行って悪疫退散を祈願した高田ねぶた=2日午後8時55分、青森市野沢の「縄文の学び舎・小牧野館」
青森市の高田ねぶたを皮切りに運行が始まった地域ねぶた。子どもたちが元気なかけ声を響かせ、地元に夏祭りの季節到来を告げた=2日午後8時半、青森市高田
子どもたちの元気なかけ声の下、ゆらりゆらりと高田地区を練り歩く「竹ねぶた」。手前は「日本武尊」=2日午後8時半、青森市高田

 青森市で2日、地域の夏の風物詩「地域ねぶた」の運行が、同市高田地区を皮切りに始まった。市内では8月27日にかけ34団体以上が運行を予定(7月1日現在)し、ピークの今月30日には11団体が出陣、地域に元気なかけ声やねぶたばやしを響かせる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。