東奥日報社は、県内市町村長(町長不在の今別町を除く39市町村)と知事を対象に参院選に関するアンケートを実施した。今回、特に重視する政策(二つを選択)を尋ねたところ、40人中23人(57.5%)が「物価高対応を含む経済・雇用対策」を挙げた。青森県選挙区の候補者支持で最も多かったのは自民党新人・齊藤直飛人候補(47)で、40人中27人(67.5%)に上った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から