真っ赤に色づいたジュノハートとともに笑顔の(左から)杉澤さん、梅内さん、宮本さん

 南部町を拠点に動画投稿サイト「ユーチューブ」で情報発信している農業梅内道子さん(43)。新型コロナウイルスにより人的交流が大きく減ったことをきっかけに、サクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」デビューに合わせ、同級生の農機具販売会社社長宮本晃季(こうき)さん(43)らとチャンネルを開設した。動画は農業4割、残りは雑談、私生活と肩に力を入れない緩さが売り。「動画を見た人に、いずれ会いに来たいと思ってもらえれば」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。