試験販売で棚に陳列されたジュノハートを品定めする家族連れ=1日、青森市のアスパム

 県は1日、本格デビュー4年目を迎えたサクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」について、観光客の需要を探ろうと、県内観光施設での試験販売を始めた。初の試みで、購入目的や価格や分量についての意見、購入しやすい場所などを尋ねる購入者対象のアンケートも行っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から