【右側】田名部候補(右)の応援に訪れた枝野前代表=30日午後、青森市【左側】齊藤候補(左)の応援演説を行う福田総務会長=30日午後、板柳町

 参院選(7月10日投開票)は30日、18日間の選挙戦の折り返しを迎えた。青森県選挙区で事実上の一騎打ちを展開している立憲民主党現職の田名部匡代候補(53)=社民党推薦、自民党新人の齊藤直飛人候補(47)=公明党推薦=の両陣営には、ほぼ切れ目なく党本部から応援弁士が送り込まれ、激戦ムードを盛り上げている。「絶対に勝つという党の意志を感じる」と田名部陣営。一方の齊藤陣営も「勢いをつけて追い上げる」と力が入る。両陣営には今後も続々と大物が投入される予定だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から