むつ市中央2丁目「国道338号通り」。県内税務署の最高路線価で唯一前年から上昇した

 仙台国税局は1日、相続税や贈与税の税額を算定する際の基準となる2022年分の路線価(1平方メートル当たり)を公表した。県内では、むつ税務署管内の最高路線価が7税務署別で唯一上昇した。県全体で価格が最も高かったのは青森税務署管内の青森市新町1丁目「新町通り」で、前年から横ばいの15万5千円。弘前税務署管内の最高路線価は2年連続で下落した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から