販売を開始したご当地カレーと「青池サイダー」を手にする柴谷総料理長

 青森県深浦町の第三セクターが運営する宿泊施設「アオーネ白神十二湖」は、本格的な行楽シーズンを前に、深浦牛のすじ肉とブランド野菜「ふかうら雪人参」を使ったご当地カレーを、土産品として開発した。十二湖・青池の透き通った群青色をイメージした「青池サイダー」も新たに販売し、食を通じて町をPRしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から