24年にわたり八戸縄文保存協会(青森県八戸市)の会長を務め、縄文文化の魅力発信に精力的に取り組んできた栗村知弘会長(88)=同市=が、任期満了に伴い30日までに退任した。後任には同協会理事で同市埋蔵文化財センター是川縄文館の元館長古舘光治氏(69)=同市=が就き、栗村氏は名誉会長となる。このほど書面表決で開かれた同協会役員会で決まった。任期は7月1日から2024年3月まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から