商品棚の照明を減らすなど節電営業中のスーパー店内=30日午後5時ごろ、青森市のユニバース東青森店

 全国の家庭や企業を対象にした7~9月の節電期間に関し、県内のスーパーや製造業者などは照明やエアコンの使用を抑えるといった対策を実施している。企業活動や顧客サービスに支障を生じさせないよう節電と業務とのバランスに配慮しながら取り組む方針。青森市内のスーパーに来店した市民は「売り場が多少暗くても買い物に影響はない。節電をもっと進めていい」などと話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。