写真をふんだんに使いながら、のへじ祇園まつりについて分かりやすく説明しているガイドブック

 野辺地町立歴史民俗資料館(五十嵐洋介館長)が作製してきた冊子「発見!のへじのお祭り 野辺地の山車(だし)行事(のへじ祇園まつり)ガイドブック」が完成し、7月に町内の小中高校に通う約千人に配布することになった。のへじ祇園まつりに特化したガイドブックは初めて。写真をふんだんに使いながら、まつりに関わるさまざまな事柄や山車運行団体などについて分かりやすく紹介しており、「野辺地の熱い夏」が一冊に凝縮されている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から