登山者に「コンパス」の活用を呼び掛ける広報用カード

 青森県警は公益社団法人日本山岳ガイド協会(東京)と、同協会が運営する登山受理システム「コンパス」活用に関する協定を結んだ。県警は、登山前に登山者がコンパスに登録した登山届やGPS(衛星利用測位システム)情報を閲覧できるようになり、遭難者の早期発見、迅速な捜索活動が可能になる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から