「絆リレー」で伴走のセラピストと共に力走する参加者

 脳卒中の後遺症と向き合いながら暮らす当事者らの団体「OneFeels(ワンフィールズ)」(青森県八戸市)は6月26日、「パラ陸上大会2022」を同市東運動公園陸上競技場で開いた。「障害があってもスポーツを諦めない」を目標にトレーニングを重ねてきた当事者15人が、スタッフや家族らに見守られながら競歩や徒競走、リレーに挑戦。それぞれのペースで一歩一歩前へ進み、ゴールを目指した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から