議長懇談会の設立総会で、マイクを持ってあいさつする弘前市議会の清野議長

 津軽圏域14市町村の議会議長が29日、情報共有や協調を目的に「津軽圏域市町村議会議長懇談会」を設立した。弘南鉄道の維持・活性化、津軽港の活用など単独の議会だけでは対応しづらい課題について調査研究し、行政による広域連携を支援する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から