復元した宮越家の蓄音機(左)から流れるレコードに聞き入る当主の宮越さん(手前左から2人目)ら

 青森県中泊町の旧家「宮越家」に残る大正時代の蓄音機が復元され、29日、復活した蓄音機でレコードを聞く集いが同家の離れ「詩夢庵(しむあん)」で行われた。集まった関係者は大正ロマンにあふれた音色に聞き入った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から