給油するガソリンスタンド利用者。レギュラーガソリンなどの価格は今月に入り再び上昇している=29日、青森市

 経済産業省が29日発表したレギュラーガソリンの青森県内小売価格(27日時点)は、前週から80銭上昇して今年最高値の1リットル当たり171円90銭となった。2008年9月以来の高値水準。レギュラーの価格は今年3月から4月にかけて一度170円台となった後、160円台に下がっていたが、今月に入り再び上昇した。原油高による高止まりが長く続く状況に、県内の消費者からは「痛手」「しょうがない」など、ため息が漏れる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。