一球入魂かぼちゃパウダーを使ったババロアの試食会
濃厚な甘みと風味が楽しめるババロア

 青森県むつ市の下北カンブリア農場が栽培している「一球入魂かぼちゃ」の販路開拓につなげようと、市と海上自衛隊大湊地方総監部(同市)が協力してカボチャパウダーを使ったババロアを開発した。27日、市観光交流センター「北の防人大湊 安渡館」で試食会を開いた。同農場は今後商品化を目指していく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から