三村知事(手前)の指摘に厳しい表情で聴き入るフリーデル大佐

 米軍三沢基地司令官の任を離れるジェシー・J・フリーデル大佐が28日、あいさつのため、県庁に三村申吾知事を訪ねた。在任中には燃料タンク投棄事故など県民の信頼を揺るがす問題が相次いで発生したことから三村知事は一連の問題に苦言を呈し、再発防止を強く要請。離任時のやりとりは和やかな雰囲気で進むのが通常だが、今回は少し様相が異なる展開となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から