日本中央競馬会(JRA)のGI馬で、2000年の朝日杯3歳ステークス(現朝日杯フューチュリティステークス)を制したメジロベイリー(牡・24歳)が28日朝、功労馬として余生を過ごしていた青森県東北町の東北牧場で死んだ。同牧場の関係者が明らかにしたもので、死因は老衰という。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。