「ジャパン・ディグニティ」の映画化を桜田市長(手前)に報告する遠藤さん(左)と盛さん

 津軽塗職人の家族の挑戦を描いた青森県三戸町在住の作家高森美由紀さん(42)の小説「ジャパン・ディグニティ」(産業編集センター刊)の映画化が決まり、製作委員会の関係者が28日、弘前市役所に桜田宏市長を訪ね、全ての撮影を同市内で行う予定であることなどを報告した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。