29日から試験販売する「トノサマバッタせんべい」

 弘前大学と昆虫食製造販売のTAKEO社(本社東京)が、養殖トノサマバッタの粉末を使った「トノサマバッタせんべい」を共同開発し、29日から試験販売する。エビのような味と香りがほんのり感じられる一品で、同社は「日本初の商品。素材そのものの風味を味わってほしい」とPRする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。