持続可能な買い物支援サービス構築に向け開かれたセミナー

 県は本年度から、交通手段がなく広域の移動が困難な「買い物弱者」を支援する「持続可能な買い物支援サービス網構築事業」を行う。買い物弱者の分布状況などを把握した上で、広域的な送迎サービスの実証事業を2023年度に行うことを目指す。28日、青森市内でセミナーが開かれ、支援に取り組む事業者や関心のある自治体関係者らが事業の説明を受けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から