三村知事(写真中央)に全日本選手権優勝を報告した、木戸(左から2人目)と齋藤(同4人目)

 4月に東京で開かれた極真空手の全国大会「全日本青少年空手道選手権大会」で優勝した齋藤蒼(そう)=弘前市松原小5年、木戸崇文=青森明の星高1年=の両選手が27日、青森県庁を訪れ、三村申吾知事に日本一のメダルを披露。今後に向けて「努力を続け、国際大会でも優勝したい」とさらなる研さんを誓った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から