国や青森県、十和田市などで構成する奥入瀬渓流利用適正化協議会(会長・小山田久市長)は27日、十和田市役所で本年度の第1回会議を開き、10月下旬の紅葉シーズンに奥入瀬渓流周辺の国道102号で実施する「マイカー交通規制」を3年ぶりに実施する方針を示した。新型コロナウイルスの感染状況や迂回(うかい)路の安全性を確認した上で、9月下旬の第2回会議で実施の可否を正式決定する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。