三村申吾知事の5期目の任期が28日で残り1年となった。知事は6期目を目指すか、引退や転身するかについて態度を明らかにしておらず、同日までの東奥日報の取材にも「何かを申し上げる状況にない」と述べるにとどめている。これまで三村県政を支えてきた自民党県連は、参院選後に知事選対応の検討を始める方針だが、県連内には三村知事の多選の弊害を指摘する声もある。野党側は主戦論に立つが、対抗馬の擁立作業など具体的な動きは参院選後になるとしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から