南部町営地方卸売市場で行われたジュノハートの初競り

 南部町営地方卸売市場で27日、サクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」の初競りが行われ、昨年の倍近い121箱(1箱20粒入り)が上場された。最高値は昨年と同じ20万円で、生産者は町ジュノハート生産者部会長でもある杉澤勝さん(51)。市場設置者の工藤祐直町長は「農家の励みになる。ジュノハートの7割が南部町産で、さらに全国的な知名度を上げていきたい」と話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。