寺山のラジオドラマの音源を聴くファン
寺山が手がけたラジオドラマの台本

 劇作家、詩人の寺山修司(1935~83)のラジオドラマに関する資料を集めた企画展が、少年時代の一時期を過ごした青森県三沢市の寺山修司記念館で開かれている。目玉は寺山が手がけたラジオドラマの音源が聴けるコーナー。来年、没後40年を迎える「言葉の錬金術師」の世界に耳で浸ることができ、連日多くのファンが訪れている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。