3校の代表者が、それぞれ取り組み状況を発表した投票率向上プロジェクト

 青森県むつ市の田名部高校、むつ工業高校、大湊高校の生徒約20人が、7月10日投票の参院選の投票率向上を目指すプロジェクトを進めている。参加している生徒の多くは選挙権を持っていないものの「自分たちの未来のためにも投票に行ってほしい」との思いから、PRのために2校が動画やポスターを制作した。今後は作った素材を他校や市内に拡散させていく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から