駒田学芸員(右から2人目)の説明を聞く受講者ら=26日午後、外ケ浜町の大平山元遺跡
スマホやタブレット端末でQRコードを読み込むと、縄文人の営みや周囲の風景をイメージした映像が見られるVR機能=26日午後、外ケ浜町の大平山元遺跡

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である、青森県外ケ浜町の大平山元(おおだいやまもと)遺跡の魅力や価値を伝える「登録ガイド」を養成しようと、大平山元遺跡もりあげ隊(三浦博英会長)は26日、同町でガイド講習会を開いた。受講した町内外の6人は遺跡に理解を深め、「自分ならどう案内するか」を考えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から