セレモニー終了後、滑り台などで遊ぶ子どもたち

 青森県東北町が同町大浦の小川原湖ふれあい村で進めてきた複合遊具「しじみーるワンダー」と4連ブランコの設置工事が終わり、24日、現地で完成セレモニーを行った。セレモニーの後、子どもたちは早速、滑り台を滑ったり、ブランコに乗ったりして歓声を上げていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。