新型コロナウイルス感染症の広がりを示す指標の一つ「人口10万人当たりの1週間新規感染者数」について、厚生労働省による都道府県別の最新まとめ(23日時点)で、青森県は全国で5番目に多い122.13人となった。青森県は八戸市でクラスター(感染者集団)の発生が相次いでいることや、上十三保健所管内で感染者数が多い状況が続き、全国の中でも相対的に指標が高い水準にある。全国的には感染者数の指標は下げ止まりの傾向がみられる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から