地元資本のホテル建設が進む三沢市中心部の現場。高さ9階建てで、来年夏に完成する予定だ=25日、同市中央町

 青森県三沢市中心部に地元資本の新たなホテルが建設されることが25日分かった。新型コロナウイルスの感染拡大によって県内の観光業が打撃を受ける中、市内のホテルは日本原燃が六ケ所村で建設を進める核燃料サイクル施設の工事従事者でほぼ埋まっており、「原燃需要」を取り込む狙いがある。チェーン大手の建設計画も判明。さらに新規開業を目指す別の動きもあり、宿泊客の獲得競争は激しさを増しそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。