バドミントンの世界ジュニア選手権は18日、カナダのマーカムで行われ、男子シングルス決勝で奈良岡功大(ならおか・こうだい)(浪岡高)はタイ選手に0-2で敗れて準優勝だった。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)