半導体検査機器などの製造メーカー・日本マイクロニクス(東京)は24日、青森県平川市にある青森工場の隣接地に新棟を建設すると発表した。2023年5月着工、24年8月完成を目指す。投資予定額は約110億円。世界的な半導体不足が続く中、今後も予想される需要の拡大に対応する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。