ででんっと☆ 2012年、一発目の社会科見学ご報告っ☆

火曜夕刊で発行の東奥小中学生新聞「週刊ジュニジュニ」

月イチ恒例、福ロウが勝手に会社訪問しちゃうあの企画っ☆

「県内企業社会科見学!福ロウの

ちょっとお訪ねしまっす!?」でっす☆

今回は、機械の工程満載の

工場系で、ワクワクの福ロウ☆

  弘前市が本社の「青南商事」さんにお願いして、

  自動車のリサイクルシステムを見学させて頂き☆

    まずは、青森市浪岡にある、同社の

    「アルトレック青森」に出没した福ロウ☆

ご案内いただく、総務部の小笠原渉さん☆

青南商事さんは、乗れなくなった車を

リサイクルしている会社なんでっすよね☆

「環境対策が万全の工場が東北各県にあり、

100%に近いリサイクル率を誇ります」

なんと、東北で走る車の約6割は、廃車後は青南商事さんの工場で解体されてるとはっ☆

小笠原さんに、車のリサイクルの工程を解説いただきまっす☆

「自動車を解体・破砕し、再利用できる金属を取り出す、という一連の流れを自社で完結しています」

使える部品は再利用へ、使えなくなった部品も金属資源などとしてリサイクルされるというわけ☆

この流れを順番に見学させていただきまっす☆

まずは、使えなくなった車を解体する部門「アルトレック青森」の工場内へ☆

「一日平均、40台を丁寧に手作業で解体している工場です」

こちらのタイヤの山は・・☆

解体する自動車から外されたもの☆

状態に応じて、海外へ輸出されたり、国内で再利用されたりするわけでっす☆

再利用できないタイヤは、どうなるかといいますと・・☆

機械でウィ〜ンっと圧力をかけ・・☆

ぐにゅ〜っと☆

ホイールが外れまっした☆

続いて、ホイールの外れたタイヤをセット☆

上から押さえつけられると・・☆

ワン、ツー、スリーでっ☆

細かく砕かれちゃいまっした☆

コンベアーでどんどん運ばれ・・☆

砕いたタイヤは、燃料として

リサイクルに回るんでっす☆

こちらは、前処理の工程っ☆

まずは、車をリフトアップして、お腹のとこから

オイル類を抜き取りまっす☆

 次は、車のエアコンに使われてる

 フロンを機械で取り出す工程☆

 「オゾン層を破壊し、地球温暖化の

 原因となるため、確実に回収します」

           フロンやエアバッグの回収は、自動車リサイクル法

           という法律で定められてるわけでっすか☆

ではでは、いよいよエアバッグの処理☆

「解体作業中にエアバッグが爆発しないよう、装置を使って安全に展開してしまいます」

近年主流の「電気式エアバッグ」につながれた

この装置のボタンをスタッフが押すと・・☆

    わっ!

    爆発音とともに一瞬で

                     エアバッグが開きっ☆

うおっと!火薬の匂いがスゴイっ☆

ちなみに、取り外し可能な旧式の「機械式エアバッグ」は・・☆

外したものを自動車メーカーへ送り、

確実に回収してるのだそうでっす☆

さて、お次はこちら☆ ボンネットを開けて何の作業中でっしょうか?

     「エンジンを取り外している工程です」

     なるほっど☆ 重くて取り出すのも大変そう☆

     むむっ? 最後は車の下からでっすか? 

どうやってひっくり返すかと言えば・・☆ 

車にフォークのような金属を刺して・・☆  

横向きに徐々に倒し・・☆

車の下からも作業して、

エンジンが外れまっした☆

        まだ使えるエンジンも、中古品として

        国内外で再利用されてるんでっす☆

こちらは、小さな部品を丁寧に

洗浄・再生しているところ☆

     右がビフォーで

     左がアフターっ☆

   きれいに磨かれた方は、

                       新品のようにピッカピカ☆

「グループ企業で約40,000点と、高品質の中古部品が豊富に揃っています」

工場内の奥にある、このタワー型の

自動倉庫システムで、中古部品を管理っ☆

コンピュータに入力すると・・☆

 在庫を機械が自動で探し出して

 くれちゃうという優れもの☆

「●●●という車種の右のドア、なんていう、ピンポイントの発注でも即対応。細かな注文に合わせ、すばやく検索・出荷ができる仕組みです」 

                                          これはスゴイっ☆

さて、エアバッグ・フロンなどを安全に回収し、再利用できる部品も取り外した車は・・☆

プレス機にかけられ、ぺしゃんこに☆

シュレッダープラントという

工場へ移動して来まっした☆

     プレスされた車体が、大きなシュレッダーに

     投入され、粉々になっちゃう工程でっす☆

破砕された車体は、磁石の力で

「鉄」を自動選別する工程へ☆

           最後は、握りこぶし大の鉄の塊が・・☆ 

  ドバドバっと山積みに☆

   あっという間に・・☆

         自動車のボディがリサイクル資源「鉄」の姿に☆

アルミニウム、ステンレスなど、その他の金属も選別され、資源としてリサイクル☆

         このように手作業でも選別されて☆

         最後には・・☆ 

         どうしてもリサイクルできない細かい廃棄物

         「シュレッダーダスト」が出ちゃうとのこと☆

それを利用してなんとっ☆

グループ工場の「青森RER」で発電もしてるんでっす☆

ダイオキシンを高温で完全分解し、その熱エネルギーで

電力を生み出す「サーマルリサイクルシステム」☆

    この、蒸気タービン発電機で作られた電気で、

    工場全体の電力を賄えるとはスゴイっ☆

しかも、専用フィルターを通して灰を回収っ☆

最後はクリーンなガスだけを排出して・・☆

捨てるところのない、100%に近いリサイクルが

こうして完結してるということなんでっすっ☆

青南商事さんは、日本自動車リサイクル事業協同組合の「22年度年間品質優秀賞」を受賞☆

 「年間3万点以上のリサイクル部品を出荷し、クレーム率が

 低い優良組合員に送られる賞です」

         究極の自動車リサイクルにこだわった証っ☆

リサイクル業界のリーディングカンパニーとして、今年40周年を迎える青南商事さんっ☆

選別されなければ、ただの「ゴミ」だったものを

再生する、資源循環産業なんでっす☆

最新のテクノロジーと、環境にも配慮した

取り組みで、循環型社会の実現に貢献☆

リサイクルのプロフェッショナル集団なのでっした☆

さて、今回も青南商事さんからプレゼントがっ☆ こちらの写真集「DUST MY BROOM」っ☆

写真家の菅原一剛さんが、ここ青南商事さんの工場を

舞台に撮影した、かっこいい " ゴミの写真集 " でっす☆

        青南商事さんのオリジナルカレンダーと

        セットで、抽選で3名様にプレゼントっ☆

今回も、ブログをご覧の皆さんへ、こっそり応募方法を☆

はがきに、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号 ⑥ご意見・ご感想を書いて、〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社営業編成局「福ロウ社会科見学」係へでっす☆

そして、今回もご意見&ご感想、福ロウへの応援

メッセージなんかを書いて応募してくれた方の中から・・☆

抽選で30名様に、こちらもプレゼントでっす☆

非売品福ロウオリジナルクリアファイルっ☆

2月23日(木)必着で、たくさんのご応募お待ちしておりまっす☆