積み上がった稲わらロールの在庫=24日、五所川原市毘沙門

 稲わらの焼却処分「わら焼き」の根絶に向けて青森県五所川原市が昨年度に開始した稲わら収集の実証事業について、今年6月までに集めた円柱形のロール約9千個のうち、販売に至っていない在庫が約4400個に上ることが24日分かった。販路確保や状態が悪い稲わらの活用法などの課題が浮き彫りとなった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。