国内で24日、新たに1万5815人の新型コロナウイルス感染者が報告された。1週間前の同じ曜日に比べて半数の都府県で増加し、全体で千人余り増えた。内訳は東京2181人、大阪1365人、沖縄1175人など。死者は埼玉と千葉、東京、京都、沖縄で各2人など計15人だった。

 厚生労働省によると、重症者は36人で前日より2人減った。

 過去の感染者について、神奈川で157人の追加や大阪で5人の取り下げなどがあった。

(共同通信社)