協力して砂の像を制作する学生たち

 青森県八戸市の八戸学院大学短期大学部(杉山幸子学長)は24日、同市の白浜海岸で砂の像を作る「砂浜彫刻実習」を行った。幼児保育学科の1、2年生や八戸学院光星高校の生徒計約250人が参加、仲間と協力しながら作品を作り上げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。