小野寺市長(写真中央)に来季の躍進を誓った下山(右から2人目)らワッツの関係者

 プロバスケットボールBリーグ2部(B2)東地区・青森ワッツの下山大地主将や北谷稔行社長ら関係者が23日、青森市役所本庁舎を訪れ、小野寺晃彦市長に、地区最下位に沈んだ今季の戦いぶりを報告。クラブ創設10周年の節目となる来季に向け「必ずプレーオフに進出する」と巻き返しを誓った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から