「ジャパン・ディグニティ」の表紙

 青森県三戸町在住の作家高森美由紀さん(42)原作で、津軽塗職人の父と娘の挑戦を描いた小説「ジャパン・ディグニティ」(産業編集センター刊)が、映画化されることが23日分かった。弘前市の全面協力で、今年9月から同市でオールロケを行う。2023年度の全国公開を目指し、青森県では先行上映する予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。